妻がつわりで買い物に行けないのでAmazon freshを使ってみた

妻は7週目に入りましたが、つわりが収まる様子はなく、毎日吐き気に襲われているようです。

外に買い物に行くのも辛いようで、ネットスーパーを活用してみることにしました。

調べてみると大手スーパーはネットスーパーに進出しており、それぞれに特色があったので、簡単にまとめてみました。

 

会員費用として500円/月が発生します。

さらにAmazon prime会員である必要があるので、Amazon prime会員の会費も発生します。我が家は元々Prime会員であった為、あまり気にならなかったですが、このサービスを使う為だけにPrime会員になるのはコストパフォーマンスが悪いかもしれません。

配送料は500円ですが、6,000円以上の買い物をすると送料無料になります。

定期的にまとめて買い物をすると良さそうです。

ちなみに今なら30日間お試しのキャンペーンを行なっており、会員費500円が30日間無料です。合わせて1,000円OFFクーポン×3枚(=3000円分お得)なクーポンも発行されており、試しに使ってみるのはいい機会かと思います。(と思って今回使ってみました)

現在対象のエリアが限られており、東京、神奈川、千葉の一部エリアのようです。

 

www.amazon.co.jp

 

楽天西友が協業し、最近OPENしたネットスーパーです。

毎月に会費は無料。

配送料は432円です。一定額の買い物をすると送料が無料になるようですが送料が無料になる金額はエリアによって異なるようです。

ちなみに私が住んでいるエリアでは6,000円以上の買い物で送料無料でした。

楽天と協業していることで買い物で楽天ポイントが貯まり、西友のPBをはじめとし商品のラインナップも上々だったので使い勝手は良さそうでした。

配送可能エリアは関東以外にもそこそこ広く存在します。

配送エリアはこちら。

sm.rakuten.co.jp

 

会費は無料。送料は一律で324円となっています。

セブンイレブンを経営しているセブン&アイホールディングスが運営している為、セブンプレミアムといった商品も購入可能です。

セブンイレブン好きの私としてはポイント高いです。

また買い物するとnanacoのポイントが貯まる為、セブンイレブンを利用する人はポイント面でも便利かもしてません。

またイトーヨーカドーネットスーパーは子育て世代に優しいキャンペーンを実施しており、4年間送料が100円となります。

うちのように出産に伴いネットスーパーを検討した家庭にとってはとてもありがたいです。

www.iy-net.jp

 

  • イオンネットスーパー

会費は無料。配送料は324円です。6,000円以上の買い物で送料無料です。

全国展開しているイオンなだけあって対象のエリアが広いのが特徴です。

送料も安く、毎日の生活で使うにはバランスがいいです。

https://www.aeonnetshop.com/shop/default.aspx

 

  • Amazon freshを使ってみた。

ということで、いくつかあるネットスーパーの中から今回はAmazon freshを使ってみました。

会費500円が30日無料だったのと、1,000円OFFのクーポンがあったので選んでみました。

 

まず始めに配送時間の予約から始まります。

配送時間の枠を確保し、商品選びに入ります。

私が購入した時は昼の12時前後に注文し、20〜22時に配送の時間で配送の予約を行いました。

 

そして本題の商品購入。さすがアマゾン、品揃えや値段も上々。

またUIも良く買い物はとても簡単にできました。

他ネットスーパーと比べても商品の探しやすさは群を抜いている印象です。

またレシピから商品を検索することもでき、作りたいものを考える⇨レシピを見る⇨必要なものを探すといったステップを踏むことなく簡単にその献立に必要な商品を探すこともできます。

 

注文が完了し、その夜には注文した商品が到着しました。

重たい水を運んでくれるのはとてもありがたいですし、肉といった生鮮食品、試しにアイスも買ってみましたが、それぞれ、クーラーボックスに入れて届けられ、アイスも溶けることなく我が家まで到着しました。

家から出ることなくこんな簡単に買い物ができました。

ネットスーパーを初めて使いましたが、とても便利で、妻のつわりが治まった後もネットスーパーをメインに使っていきたいと思うほどでした。

今後Amazon freshを使い続けるかは要検討ですが、他ネットスーパーも使ってみて比べてみたいと思います。